自然本来の力を最大限に活かして、作物を豊かに育てる方法

植物由来の活力液AGRI SAFEアグリセーフを活用して、早く・元気に・力強く作物を育てる方法をお伝えします。produced by SAFECARE

【事例】こんなに発育が違う。アグリセーフの力

実際にアグリセーフを活用した場合の、発育の違いの事例をご紹介致します。

17日間経過後、発育状況に明らかに大きな違いが出ています。

 

腐葉土・堆肥などが入っている通常の土壌で、きゅうりを種から育てました。

今回は一切の肥料・農薬等は与えていません。

 

水道水のみを与えた17日経過後の発育の様子です。

それなりに発育していますが、部分的には発育していない箇所もあります。

f:id:SAFECARE:20181005174644j:plain

 

 

水道水に対して、

2500倍に希釈したアグリセーフを与えた17日経過後の発育の様子です。

f:id:SAFECARE:20181005175055j:plain

なんということでしょう。

明らかに水道水のみとは大きな発育の違いが出ています。

発育のムラもなく、葉も大きく元気に育っています。

(ちなみに、下半分は茄子です)

 

今回は2500倍のアグリセーフで育てました。

アグリセーフが水分と養分の吸収をサポートし、また土壌の状態を良好に保った結果だと推測できます。

実際はもう少し濃度が薄くても効果を発揮することができます。

アグリセーフの活用に加えて、肥料を与えることでさらに良い結果をえられと考えられます。